高校留学するメリット

subpage-img

高校留学することの最大のメリットは、英語の知識量がピークのときに海外での生活経験を得られることです。

英語の知識量は、学部などに寄りますが英文学科でもない限り、大学に入ると段々衰えてきます。



なぜなら、大学で英語の勉強をする機会が減るからです。

大学になってからの留学は、一種の海外旅行のようなものになりがちです。留学しているのに、向こうで英語を話さなかったということもざらにあります。それに引き換え高校では、毎日のように英語の勉強をさせられるので、英語力だけの観点では高校生のほうが上です。

今、高校で自分が勉強していることがこういう風に生かせるのかと感じたり、自分の英語力はこの程度のものなのかと痛感できたりして、英語学習への意欲向上にも繋がると思います。


高校留学で、違う国の学校の生徒と触れ合ったり、日本語と離れた生活をすることで、今後の高校生活に関する価値観が変わることもあると思います。


もう一つのメリットとしては、高校留学をしている間は親に頼ることができないということです。

普段、自分の身の回りの世話をしてくれる両親から離れて生活することで、自立の厳しさや両親の大切さを身をもって経験することができるはずです。

朝日新聞デジタルを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

それも、日本語が全く通じない国にいるのですから、日本で一人暮らしするよりも数倍努力し、自立していかなければ生きていけません。

そうして苦境を乗り越えた後は、留学前とは格段に成長していることだろうと思います。



top