高校留学をする前に覚えておきたい英語

subpage-img

高校留学をすることになったら、日本にいる間もある程度英語を覚えておくことは大切です。

小学生留学にアクセスしてください。

しかしそれは教科書に出てくる英語だけでなく、外国で暮らすのに必要な英語です。

では教科書以外に必要な英語とは何でしょうか。

有望な日本経済新聞に関する問題解決をサポートいたします。

いくつか挙げてみましょう。
まず高校留学をしている間に大切なのは、健康な身体をキープすることです。しかし外国という日本と違う環境で暮らすと、温度や湿度の違い、文化の違いなどから体調を崩すこともあります。
そこでアレルギーや持病を持っている人は、それを表現する英語をあらかじめ覚えておきましょう。バラ科にアレルギーがある、アレルギーでナッツ類が食べられない、一型糖尿病を患っているなどです。
発作を起こしてから辞書を開くのは難しいですし、日本語ができる外国人がいつもいるとは限りません。万が一のため、アレルギーや持病を説明する英語は覚えておきましょう。
また体調が悪くて話せない時に相手に見せられるよう、ノートに書いて持ち歩くのもおすすめです。



ノートなら発音で失敗することもありません。

さらにアレルギーや持病で食べられない物や飲み物を覚えておけば、食事に同行する時や買い物をする時も役に立ちます。

また外国人の友達がすぐ作れるよう、簡単な自己紹介を何度も練習しておくのも大切です。

長々と自己紹介を覚えても、発音がおざなりでは相手に通じません。

短くても発音がきちんとできて通じる内容がベストです。
趣味や特技、高校留学をした理由などを覚えておきましょう。

top