高校留学して英会話を身につけよう

img1-1

高校の英語授業には限界があり、英会話を身に付けることは困難となっています。
授業内容は文法の勉強、単語や熟語の暗記、文章読解の練習ばかりです。


何より、授業の目的が英会話取得ではなく、定期テストや入試で問題を解けるようにすることなので、英会話には力を入れていません。

だから、英会話を身につけたいのであれば、高校留学するのが一番良い方法となります。



高校留学する際、夏期休暇や冬期休暇を利用して参加することがオススメです。


1日や2日では留学にはならず、ただの旅行となるので意味はありません。また、長期休暇であれば数週間は滞在することが可能なので、しっかり英会話を身に付けるには適した時間となります。


高校留学する際、日本語を極力使わないように心掛け、不安を感じていたとして、積極的に英語を話すようにしましょう。無理してでも英語でコミュニケーションを取るようにし、英語を話すことを当たり前のことだと自覚すると良いです。

これを繰り返しているうちに、英会話に抵抗がなくなり、自信を持って話せるようになります。英語を話す際、正しい文法を使おうとはせず、知っている単語や熟語、さらにジェスチャーを加えればコミュニケーションは取れます。
また、現地の人が話す英語を聞くことでヒアリング能力も鍛えられ、スムーズな会話ができるようにもなります。

いろいろなYOMIURI ONLINE情報探しに特化した総合サイトです。

注意として、コミュニケーションが思うように取れなかったとしても、スマートフォンアプリの通訳機能を使わないようにしましょう。



大事な教育の事

img2-1

高校留学することの最大のメリットは、英語の知識量がピークのときに海外での生活経験を得られることです。英語の知識量は、学部などに寄りますが英文学科でもない限り、大学に入ると段々衰えてきます。...

more

教育の実態

img3-1

高校留学をすることになったら、日本にいる間もある程度英語を覚えておくことは大切です。しかしそれは教科書に出てくる英語だけでなく、外国で暮らすのに必要な英語です。...

more

耳より情報

img4-1

全寮制で24時間体制で勉強だけでなく生活面も管理してくれるボーディングスクール。授業も少人数体制で、宿題の時間まで管理されるので海外留学の際に利用すれば大きく力を付けることができるでしょう。...

more

関連情報

img5-1

スイスのボーディングスクールには、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と、さまざまな年齢から留学する子どもが多くいます。アメリカやイギリスのボーディングスクールとは違い、全世界約120ヵ国から子どもたちが留学している、国際色豊かなことが特徴です。...

more
top